グルメの基本となる魚の味の見分け方

グルメな人は、お寿司は握り立てがおいしいものだと認識しているでしょう。高いお金を払わずとも、おいしいです。

グルメの知識・お寿司は握り立てがおいしい

本当にグルメな人ならば、知っているという事柄があります。そのようなことのひとつに、お寿司は握り立てが一番おいしいという事実があるのではないでしょうか?これは、筆者が特に東京にある、非常に値の張るようなお店へお寿司を食べに行ったというわけではなく、いつも行きつけにしているリーズナブルなお寿司屋で体験したことなのですが、お寿司を握ってもらったそばから食べていくと、少し時間が経ってしまったものを食べるよりも、断然おいしいと知りました。まず、ご飯が乾いていないので、舌触りがいいのです。また、ネタも生き生きとしています。海苔などはパリッとしていて、風味がいいのです。

職人さんがお寿司をすべて握って、桶に入れたのを出すのと、握り立てを食べるという、ほんの数分しか違わないような差であるにもかかわらず、握ってすぐのものを食べた方が、ものすごくおいしく感じられるというのは、実際に体験してみるまで、信じられないことでした。ですから、おいしいお寿司が食べたいと思ったら、まず、桶に入れて出してくれるところではなく、握ったそばから食べさせてくれるお店に行くのが、第一だということを申し上げたいのです。そうすれば、特に高い値段を支払わなくても、本格的なお寿司の味を楽しむことができるでしょう。コツは、少人数で行って、カウンター席に陣取ることです。しかし、握り立てを出してくれるようになるまでは、そのお店に通うことも必要です。

Copyright (C)2017グルメの基本となる魚の味の見分け方.All rights reserved.